車購入初心者が予算50万円で中古軽自動車を購入する!~選定編~

      2017/06/19

「車購入初心者が予算50万円で中古軽自動車を購入する!~導入編~」

からの続きで、無事にオッティを契約できたわけですが、契約できるまではかなり苦労しました。

何が大変かと言えば、それはやはり見る情報量がかなり多いからです。

 

有名なところで言えば、カーセンサーグーネット、あとは買い取りイメージがかなり強いんですが、中古車販売量NO.1のガリバーなどなど。ガリバーなんかは1日に400~500台の買取を行っているそうで、1日に更新される販売数もかなりの数です。1つのサイトを見るだけでもかなり大変ですが、いろんなサイト日々チェックするのはかなり大変でした。

 

そこで、お気に入りの中古車を見つけるために、うまーく選定していくことが大事です。

ぼくは以下の3つをポイントにして、選定していきました。

 

①正規中古車ディーラーから選ぶ。

正規中古車ディーラーとは、トヨタや日産などの直系の中古車販売店のこと。

トヨタ→U-Car

日産→Get-U

スズキ→U’s Station

ダイハツ→U-CATCH

なぜ、正規中古車ディーラーから選ぶかと言うと、理由は2つあります。

一つは「安心」です。カーセンサーやグーネットだと多数の販売店から商品情報をがあがっています。ゆえに、販売店によって基準が違ったり、商品情報にばらつきがあります。自動車購入に慣れている人ならば問題ないかもしれませんが、ぼくのような自動車購入初心者にとっては何を信じて探していけばいいのかわからなくなってしまいます。それならば、メーカー直系の中古車ディーラーで安心を確保するのが一番です。

 

ちなみに、ガリバーは同社買取車両のためある程度基準が等しいです。写真の枚数やその他の情報も似ているため他のサイトに比べ探しやすいです。しかし、二つ目の理由として「在庫あり期間」があります。ガリバーは全国の車情報から中古車を探し、基本的にはその場でネット情報を頼りに契約するかどうかを決めます。なぜなら、ガリバーの中古車掲載期間は2週間しかなく、全国の人がネット情報のみで中古車を契約するため、実物を見に行ったり、もう少し考えようと保留にするとその前に全国のライバルたちが契約していってしまうからです。実際、ぼくが保留にしていた中古車は何度も気づいたら掲載修了になってしまっていました。

一方正規中古車ディーラーであれば、地域を絞った検索ができるため、ライバルは全国ではなく地域になります。そしておそらくですが、ここから探す人たちは実物を見ようとするため、すぐには契約をしません。サラリーマンであれば、土日に見学に訪れるため、気づいた時に売約済みになるケースが少ないです。実際、僕が保留にしていたものは5台中4台は土日までに売約されることはありませんでした。つまり、土日までに検討したり、相談したりすることができます

 

ゆえに、正規中古車ディーラーから探すことで、「安心」を確保しつつ、地域で絞って好みの中古車を探していくことをおすすめします。(ただし、早い時は掲載してから数日で売約済みとなるそうなのでご注意を。)

 

②予算額から10万円引いた額で調べる。

クルマを購入したことある方なら当たり前なのかもしれませんが、ネットで中古車情報を検索をした際に表示される金額は、たいてい車両価格の場合が多いです。

そこから、整備費や登録費等々を足していくとおよそ10~15万円ほどプラスの金額になります。

なので、仮に50万円予算の場合は、35~40万円の車両価格のものを探してみましょう。

カーセンサーHPより)

カーセンサーはやさしく支払総額もありますね。ただ、どれくらいの整備をするとかどれくらいの保証があるとかによって金額は前後するかと思いますので、鵜吞みにはしない方がよいかと思います。

 

③検索項目にこれらを追加!

 

  • 走行距離5万km以内
  • 修理歴なし
  • ワンオーナー

 

走行距離5万km以内

軽自動車の総走行距離は10万kmで寿命だとかそうでないとか言われています。

実際販売店さんに確認してみたところ、最近の軽自動車は性能が良くなっているので、

そんなことはなく定期点検等をして大切に乗れば、それ以上走るだろうとのことでした。

ただし、やはり部品の摩耗や消耗があるので、なるべくは走行距離が少ない方がいいにこしたことはありません。

自動車関係で働いているぼくの父も目安として5万km以内で探した方がよいとのことでした。

 

修理歴なし

「修理歴なし」でも傷のあるクルマはたくさんあります。

そもそも「修理歴なし」とはどうゆう状態なのでしょうか。

 

「修理歴なし」は以下の9つ部分に損傷があり、修理をしているクルマ以外のクルマを指します。

  1. : フレーム (サイドメンバー)
  2. : クロスメンバー
  3. : インサイドパネル
  4. : ピラー
  5. : ダッシュパネル
  6. : ルーフパネル
  7. : フロア
  8. : トランクフロア
  9. : ラジエータコアサポート

これはどこなんだ??って感じですが、要は事故をした車はこれらを交換をしている可能性が高いです。

普通に乗っていれば、交換するようなところではないと思われます。

 

つまり、「修理歴あり」は事故車の可能性が高く、

事故をしたということはクルマに強い衝撃が加わったということです。

それは↑の項目以外にも少なからず支障がある可能性が強く、

安く購入できたけれど、少し乗っただけで異常が出て、修理をしたら結局高くついてしまったとなりがちです。

なので、「修理歴なし」は必須で条件に入れるべきとぼくは思います。

ちなみに、ガリバーは「修理歴なし」のクルマしか載せていないですよ。

 

ワンオーナー

ワンオーナーとは、それまで乗っていた人は一人だけですよってことです。

つまり、前に乗っていた人は新車あるいは新古車を購入して乗って、売却したということです。

これは個人的な感覚ですが、新車を購入した人はキレイなクルマだから大切に乗りません?定期点検に出したり、オイル交換もディーラーさんに勧められて定期的に交換していると思います。

逆に、中古車を購入した人は、まぁ傷ついてるしとか、それなりに走ったらまた交換しようとかで大切に乗らないような気がします。定期点検とかオイル交換とかもそんなにしない気がします。

そもそも金銭的に余裕がある人が新車を購入するわけですから、それなりにお金をかけて乗っていると思います。

(もちろん、ワンオーナーでなくても大切に乗られてきたクルマはあるだろうし、いち個人的意見です。)

 

ゆえに、ワンオーナーを条件に入れておけば、ある程度安心なクルマを探せるのではないかとぼくは思います。

ちなみに、売却する際正規中古車ディーラーに直接売却した場合、どんな人が乗っていたのかわかることがあります。

ぼくが購入したクルマは年配の女性が乗っていたとのこと。

なんだか、安心しません?笑

整備録を確認しても定期的に点検していてオイル交換もしていたので、きっと丁寧に運転されていたのかなーと感じました。

 

まとめ

予算が50万円はかなり低いと思いますが、それでも上記の条件で探したら、良いクルマに出会う確率が高くなると思います。

毎日中古車情報は更新されますから、根気強く探してみてください^^

 

これを読んでいただけた方が、素敵なクルマに出逢えますように。

 

車購入初心者が予算50万円で中古軽自動車を購入する!~見積編~につづく。

 

 

スポンサーリンク





 - 自動車