GIMP2.8の編集おすすめサイトの紹介。

      2017/06/19

どうも、ブロガー見習いのえいてぃです。

ブログを作るにあたって、今いろいろと画像をつくろうと思って、

GIMP』をダウンロードしました。

これ、すごいですね。

無料でイラストレーターのようなことができちゃうんです。

 

けど、今までペイントくらいしか使ったことないぼくからしたら、

GIMPはかなり難しい!

一つの画像作るのに、何時間もかかってしまったよ。

 

そこで、参考になったサイトをいろいろ紹介していきます。

(自分のメモを兼ねて( ̄_ ̄ ;笑)

 

 

①文字に白い枠をつける。さらに、ぼかす。

文字入れる画像を作るなら、必ずやりたいですよね!

こんな感じのやつ。

「甲斐市」の文字のまわりに白い枠がついています。

あと、ちょっとわかりづらいけど、少しぼかしています。

それは『Net Business RECIPES』を参考にしました。

 

②画像を半透明にする。

画像に文字を入れる場合は、画像を半透明にすると、文字が目立つようになりますよね。

こんな感じ。

GIMPの場合レイヤーという画像の層を重ねて作っていきます。

(レイヤーについては『synclogue navi』がわかりやすかった。)

上図は3枚のレイヤーを使っていて、一番下が風景写真、一番上は文字。

そして、間に真っ白な画像を半透明にしたレイヤーが入っています。

それは『デジタル時々アナログ』を参考にしました。

(バージョンが古いので、少し勝手が違うかもしれませんが、要は白画像レイヤーの透明度を調節すれば、上図のように白くぼかした写真ができます。)

 

③画像を回転する。

まさかここで数学が力になるとは思わなかった。

画像を回転してできたのが、こちら。

ファビコン用に作成しました。

(ファビコンはサイトアイコンのこと。画面左上に同じ画像があります^^)

こちらは、青の■と白の◇を重ねて作りました。

白の◇を作るために□を45度回転させましたが、

それは『synclogue navi』を参考にしました。

ちなみに、白の一辺の長さは、青の一辺の長さを半分にした数を1として、√2の長さです。

二等辺三角形は「1:1:√2」の法則ですね。

ゆえに、「青の一辺の長さの半分の長さ×√2」をしてあげればいいわけす。

√2=1.41421356…(ひとよひとよにひとみごろ…)

これがパッと浮かんできたときは、感動しました!(笑)

まだまだ覚えているもんだ!!(笑)

 

 

また何かあれば、追記もしくは新しく記事を作成します^^

 

 

スポンサーリンク





 - GIMP2.8