甲斐の焼酎『大弐』

      2018/02/11

どうも、えいてぃです!

 

地域おこし協力隊の活動を始めて早1ヶ月が経とうとしています。

私たちは1期目とうこともあって、手探りな状況ですが楽しくのんびりとやってます。

 

さて、私たちの主な活動について紹介です。

甲斐市では耕作放棄地解消の一環として焼酎『大弐』に力を入れています。

耕作放棄地だったところを耕して、私たちは焼酎の原料であるさつまいも「黄金千貫」という品種を育てています。その「黄金千貫」と甲斐のうまい水「龍王源水」を組み合わせて焼酎『大弐』は作られています。

 

しかも!ただ作っている販売しているだけではありません!!

甲斐の本格芋焼酎「大弐」が全国酒類コンクールで第1位を受賞しました!

 

 

ちゃんと実力もある商品^^

先日ぼくも試してみましたが、他の芋焼酎とはまったく違いました!

香りは華やかな芋の香りがしますが、飲んでみるとすぅーっと喉に流れ込んでいく。

まろやかな甘味がどこか日本酒のようにも感じます。

 

 

違いは「麹」にあります。

ぼくが好きな焼酎黒霧は名前の通り「黒麹」を使用しています。沖縄の泡盛なんかも黒麹が多用されていて、一般的な焼酎は刺激のある味です。

そしてもう一つの主力商品である焼酎白霧は「白麹」が使われています。黒麹と比べるとマイルドで飲みやすい味になるそうです。(あんまり飲んだことないからわからない( ̄▽ ̄;笑 )

 

一方、焼酎『大弐』は黄麹で仕込まれています。黄麹は主に清酒を作る際に使用されます。

だから日本酒のような飲み心地だったのか!

 

ぼく個人としては、炭酸水で割ってもおいしいかなって感じました。

芋焼酎の芋臭さが好きな人には少し物足りないかもしれないけど、芋焼酎を試してみたい人にとってはとても飲みやすいと思います。特に焼酎はお酒の中でも健康的なお酒ですから、女性の方でビールを毎日飲んでるーって人にはぜひ試してほしいです^^

 

そうそう、最近は甲斐市在住の田中泯さんを起用したCMも放送中です。

 

CMの効果もあって今年の売行きは順調のようで、その内完売してしまうかも!

ネット販売もしているので、気になる人がいればぜひチェックしてみてください^^

ネット販売:甲斐の本格芋焼酎 大弐・だいに

販売店一覧:焼酎「大弐」新酒の予約受付期間が間もなく終了します

 

 

 

まぁ、飲めし。

 

 

 

 

スポンサーリンク





 - 地域おこし協力隊, 山梨県のできごと