現役地域おこし協力隊が『旧青年就農給付金』を申請することが…

   

こんばんは、えいてぃです。

とりあえず農地を新たに借りられそうで、本格的に始まりそうです!

 

就農を志す人は一度は聞いたことがある『旧青年就農給付金』。

今は『農業次世代人材投資資金』と言うそうですが、この給付金を取得できないか相談してみました。

 

農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)とは

 

『農業次世代人材投資資金』はなじみがないので、『旧青年就農給付金』と以下書きます。

 

『旧青年就農給付金』とは、

次世代を担う農業者となることを志向する者に対し、就農前の研修を後押しする資金(準備型(2年以内))及び就農直後の経営確立を支援する資金(経営開始型(5年以内))を交付します。

出典:農林水産省

 

その額はなんと最大150万円/年!!

農業で食っていきたいと考えている人には後押しとなる制度です。

 

そこで、現在地域おこし協力隊として活動している傍ら、農地を借りて農業を副業としてやっていく上で、この『旧青年就農給付金』を受け取ることができるか相談してみました。

 

現役地域おこし協力隊が『旧青年就農給付金』を申請することが…

 

 

 

 

できませんでした。

まぁだろうと思っていましたが。。。

 

以下は私の解釈ですが、

『旧青年就農給付金』は農業者となるための生活資金援助のような給付金です。

一方地域おこし協力隊も生活費として給料をもらっているため、新たに生活資金援助をする必要はないと判断されるためのようです。

 

そりゃそうですね。

 

ただし!

 

地域おこし協力隊は任期終了後、起業する人向けに最大100万円の特別な交付税措置があります。

その特別交付税措置と『旧青年就農給付金』を併用することはできるようです!

 

※『旧青年就農給付金』は農業を始める人が誰でも受け取れる給付金ではないので、ちゃんと行政の担当の方と相談していくこと大切です。また、地域によっては対応が異なるかもしれないので、必ず確認をしてみてください。

 

しかし、任期終了後までには独り立ちできるように、頑張っていかなきゃですね。

 

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク



 - 地域おこし協力隊, 農業日誌